携帯買取で高値を付けてもらうコツ

使わない携帯電話が部屋で眠っているのなら、携帯買取を取り扱っているリサイクルショップなどに持ち込むのも、ひとつの有効な活用方法です。もしも正常に動作する状態にあるのなら、店頭に直接持ち込めば、多くのケースでその場で買取をしてもらえるのは間違いありません。 それが古い機種だったとしても、躊躇する必要は、ほぼありません。いわゆるガラケーの製造、販売は、年々減少傾向にあるものの、シンプルな操作性を求める需要は、まだまだあります。また、既に生産終了になった機種でも、故障した際に、同じ環境で利用し続けたいユーザーは、同じ機種が手に入れば、手早く復帰する事ができます。あるいは、分解をすれば、貴重な修理用パーツとしても利用する事ができます。 このように、臨時収入を得られるのと同時に、誰かの役に立つ携帯買取ですが、せっかく売却するのなら、少しでも高値で売りたいのが本音です。今回は、そんな携帯買取で高値を付けてもらうコツについて、考えていきます。

初期化して大切な個人情報を消去する

携帯電話の内蔵ストレージには、ユーザー自身だけではなく、お付き合いのある方の電話番号、メールアドレスなど、大切な個人情報に加え、端末によっては写真や動画が保存されています。また、オンラインショッピングを利用した経験があれば、クレジットカードを利用した履歴などが保存されている事もあります。 多くのリサイクルショップでは、法令遵守の観点や、ショップ独自のガイドラインなどにより、個人情報を含むユーザーデータが消去されていない場合は、そもそもの買取を受け付けていなかったり、ショップ側で初期化の作業を行う場合は、別途手数料が、査定金額から差し引かれてしまう場合があります。大切な個人情報の漏洩を防ぎ、第三者による悪用を防ぐだけではなく、より高値を付けてもらうためにも、必要があればデータを外部メディアに移動したり、バックアップを取ってから携帯を初期化して、内蔵ストレージのデータを消去してから、買取を依頼する事を、おすすめします。

やはり綺麗な美品の方が高値は付く

今や、携帯電話は常時持ち歩くものであり、コンパクトな本体は、手に触れる面積が多いのが特長です。だからこそ、常に清潔な状態を保っておきたいものです。 中古市場では、経年劣化による傷や汚れを差し引いて考慮しても、比較的綺麗な商品や、非常に状態の良い新品同様の商品を「美品」として扱い、高値で取り引きされる事があります。特に携帯電話のような、常に人の手に触れるような商品では、より重視される傾向にあります。 多くのリサイクルショップでは、買取後の携帯電話を商品として店頭に並べる前に、その端末の状態を問わず、徹底した動作確認と、クリーニングが行われますが、あまりにも汚れが酷い物は、査定額が低くなってしまったり、別途クリーニング料が差し引かれる場合があります。次のオーナーに、気持ち良くその携帯電話を使用してもらうためにも、少しでも高値で買取してもらうためにも、事前に、自分で可能な限りのクリーニングをしておく事を、おすすめします。